バランスアップデート vol.3 精霊の守護


ライバルアリーナVSをプレイして頂いておりますみなさま、こんにちは。

アーチャーが進化する「バランスアップデート vol.3 精霊の守護」へようこそ。

 

現在のアリーナは、一部の戦術に勝率(人気)が偏っています。

私たちはその環境を変えたいと考えていますが、過去2回行った「バランスアップデート」から、私たちはクリ―チャーの性能を大きく変えることは難しいことを学びました。

 

そこで、私たちは「クリ―チャー」ではなく「ヒーロー」に注目することで、環境を変化させていくことを考えました。

 

現在のアリーナで高レートの試合に絞って、のヒーロー別の採用率を一覧にするとこのようになっています。

※高レートとは今回の話ではC-1ランク以上として扱っています。

 

 

 

この図から分かる通り、「アーチャー」と「パラディン」はあまり強いとは言えない状態にあります。

そこで、今回のアップデートでは最も勝率の低い「アーチャー」を中心に注目し、彼らがよりアリーナで活躍できるように調整していきます。

 

バランスアップデートの実施予定


下記日程にてメンテナンスを実施します。

 

▼アップデートメンテナンス実施予定日時

11月22日(火) 11:00~12:00(予定)

 

▼スポイル実施期間

11月22日(火) 12:00 ~ 11月24日(木) 12:00(予定) 

 

バランス調整の内容は以下の通りです。

 

この調整に際しまして、一部弱体化されるクリーチャーが存在します。

これらのクリーチャーに関しましては、一時的に「スポイル」を解放致します。

 

▼スポイルとは

指定されたクリーチャーの解放値を0に戻し、差分を魂結晶に還元することができます。

例:解放値5のクリーチャーを還元すると、解放値が0となり0から5に解放するのに必要な分の魂結晶を獲得することができます。

※メンテナンス完了後、ログインにはアプリのバージョンアップが必要です。

 

バランス調整の内容は以下の通りです。

 

▼強化


アーチャー


まずはアーチャーの変更についてお話しします。


彼女を対戦で使いこなすにはもう少し、彼女の能力がフィールドに影響するようにしなければならないでしょう。

彼女のガーディアンを強化することで、よりヒーローの特色が活きる様にします。

 

変更点

《ガーディアン》

敵陣全体に移動不可と攻撃不可

⇒敵陣全体に移動不可と攻撃不可を与え、さらにSPD-2を与える

 

《パラメータ》

SPD:3.5 

⇒SPD:4.5

 

 [グリフォンの嵐翼]

《強化》よりフィールドへの圧力が強化されます。

 

【黄金の躍動】奔馬


戦術を組み立てる上で、コストパフォーマンスのよいアビリティを持たないユニットが重要となるケースがあります。

アーチャーにとってその立ち位置にいるのが、この奔馬です。

しかしながら現在の奔馬のステータスでは十分な活躍をすることができておらず、ATKを少し高めることとしました。

 

変更点

《パラメータ》

ATK;2

⇒ATK:3

 

 [ホンマか?]

《強化》 アビリティを持たない分の使いやすさが向上します。

 

【月人姫神】ツクヨミ


ツクヨミは魔法陣を操作する珍しい能力をもつクリ―チャーです。この特別な覚醒能力は優秀ではありますが、使い勝手に難があります。

必要なチャージも(3)であることからなかなか覚醒させるのは難しいため、もう少し場に残りやすくすることで覚醒のチャンスを増やします。

 

▼参考

《覚醒》

チャージ(3):基礎ATK増加+2,自陣のランダムな魔法陣を1マス点灯する

 

変更点

《パラメータ》

HP:9

⇒HP:10

 

 [もう少しお月見しましょう]

《強化》 場に残りやすくなります。

 

▼パラディンの間接強化

シールド


シールドは「貫通」問題への2つ目のアプローチであり、「貫通」によって貫かれることがなくなるように調整されます。

シールドを付与できるガーディアン効果を持つパラディンも強化されると言えるでしょう。

 

変更点

《シールドの能力》 ダメージを受けた時、そのダメージを(1)にする。

⇒ダメージを受けた時、そのダメージを(1)にする。その攻撃が「貫通」を持つ場合、シールドを持つユニットより後ろのユニットはダメージを受けない。

 

[縦への盾]

《強化》 「貫通」に対して意味が出るように調整されます。

《強化》 より「シールド」らしさが出ます。

 

シールド無視


シールドについて話をするのであれば、当然この能力についても話をする必要があります。「シールド無視」の効果はすこし使いづらい効果であり、あまり注目されていません。

シールドが強化されることをふまえ、「シールド無視」がシールドを破壊できるように調整されます。

 

変更点

《シールド無視の能力》 シールドをもつユニットへ攻撃する際、シールドを持っていないものとしてダメージを与える。

⇒シールドを持つユニットにダメージを与える場合、ダメージ計算の前に攻撃対象のユニットが持つシールドを全て破壊する

 

 [もう無視しないで]

《調整》 相手のシールドを失わせることができるようにすることで、より「シールドへの対策」らしさがでるようになります。
 

▼弱体化


【焔天暴威】アグニ


アグニは味方のATKを上げることが出来るクリ―チャーで、特定のユニットと組み合わせることでその強さはさらに際立っています。

組み合わせによって強さが際立つことは好ましいことですが、彼の能力は少し強力すぎるため、どのような状況でも彼の能力が活躍する状態になっています。

 

彼の暴威を前半と後半に分けて瞬発力を落とすことで、より組み合わせと立ち回りが重要になるように調整されます。

 

変更点

《アビリティ1》 (変更)

【出撃】HPの低い自陣ユニット1体にATK+2 

⇒【出撃】HPの低い自陣ユニット1体にATK+1

 

《アビリティ2》 (追加)

【離脱時】HPの低い自陣ユニット1体にATK+1

 

 [分割]

《調整》 アグニの持つ暴威が分割されます。

 

[コラム]プリーストとたまご騎士は?


プリーストとたまご騎士は?という声が聞こえてきそうですので、今回の調整に彼らが居ない理由を軽くお話ししておきます。

 

まずはたまご騎士についてですが、理由はデータ不足です。

Bランク以上の試合において、「たまご騎士」が使用された試合があまり多くなく、アップデートから2週間では十分なデータを得る事ができませんでした。

現在のところ彼の能力は未知数の状態にあります。もう少し長い期間で彼の実力がハッキリしてから調整をいれていく必要があります。

 

そしてプリーストですが、彼女のコンセプトに沿ったアップデートを行えば、必然的に「ユニットを長く場に残す」ことが得意になります。

現在のアリーナの環境を分析すると、採用率が高いクリーチャーの中に「場に長く居残る事で優秀な戦果をあげるドラゴン」が何体か存在します。

プリーストの強化によって「ユニットの生存率」が上がれば、これらのドラゴンの採用率をさらに上げる事になるでしょう。

アリーナが「ドラゴン」一色に染まってしまうのは、あまり望ましいことではありません。

そのため、今回はプリーストのアップデートを見送ることとしました。引き続き、彼女が「女神」たちの活躍によって強くなっていけるように調整を検討していきます。

 

私たちは今回の変更が軍師達にどんな影響を与えるかを見届け、より白熱した対戦を行える環境を整えていきたいと考えています。

 

今後ともライバルアリーナVSをよろしくお願いいたします。

 

【GM】 CyRoならびに

ライバルアリーナVS運営チーム

特集記事一覧へ戻る

ライバルアリーナVS_好評配信中!!
Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

ライバルアリーナVS

同時ターン制  対陣バトル

基本プレイ無料(アイテム課金制)

◆Andoroid

動作環境:Android4.0以降 推奨環境:メモリ2.0GB以上

◆iOS

動作環境:iOS7.0以降 推奨環境:iPhone5以降の端末

タイトル

ジャンル

価 格

対応OS

ライバルアリーナVS_ストアアイコン
ライバルアリーナVS_ストアアイコン
ライバルアリーナVS_好評配信中!!

タイトル

ジャンル

対応OS

 

価格

ライバルアリーナVS

同時ターン制  対陣バトル

基本プレイ無料(アイテム課金制)

◆Andoroid

動作環境:Android4.0以降

推奨環境:メモリ2.0GB以上

◆iOS

動作環境:iOS7.0以降

推奨環境:iPhone5以降の端末

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード