最強への道

【ヒーロー紹介】知略の射手:アーチャー


皆さまこんにちは。【GM】のCyRoです。

そろそろ私が誰?という声が聞こえてくる頃かと思いますので、改めて私について興味がある方はこちらを読んで頂けますと幸いです。

ちなみに、あまり知られていませんがTwitterもやっていますよ。

@rival_vs_cyro

 

さて、慈悲深き神官の次は7番目のヒーロー、コントロールのエキスパート『アーチャー』について紹介します。

彼女を上手く使いこなせば、相手を封殺し、何もさせずに一方的な勝利を収めることが出来るでしょう。

しかしアーチャーは直接的なダメージを与えることが得意ではなく、彼女を完璧に使いこなすには軍師達の知略による後押しが必要になります。

彼女を扱うにはどのような戦略が好ましいのかを紹介していきましょう。

 

圧倒的な知略により、相手を封殺せよ


アーチャーは軍師としての技術・編成の両面で優れた軍師だけが仲間にすることができるでしょう。

 

彼女を仲間にできるだけの実力を持つ軍師であれば、アーチャーがダメージ増やすスキルを持たないことに気づくと同時に、彼女にとっての最適な戦術は他のヒーローと違うものであることに気づいたでしょう。

 

▼アーチャーのアビリティ

└攻撃対象を移動不可にする

 

【大嵐のグリフォン】ガーディアン:テンペスト


幻獣「テンペスト」の力は、その大きな風翼による場の支配です。

 

この大翼の幻獣は”敵全体を行動不能”にし、

アーチャーの得意分野である”封殺”を後押しするために最適な能力であると言えます。

 

直接的にダメージを与えるような能力ではないため、反撃の準備を整えるための時間稼ぎとしても利用できます。

 

 

 

 

 

 

基本的な戦術


アーチャーと相性のよい”神霊”は、相手の行動を阻害する能力を持ちます。

行動を阻害する効果(攻撃不可や移動不可)は、発動条件が難しく設定されていたり、発動回数に制限があったりすることが多い能力ですが、その分アリーナにおいては強烈な効果を発揮します。

 

行動制限によって相手の選択肢を絞り、相手をこちらの思い通りの思考に誘導していく”ハンターのような策略”こそが、アーチャーに相応しい戦術でしょう。

 

相手の思考を鈍らせ、誘導するには分かりやすい”エサ”が必要です。

アーチャーのエースであり、分かりやすいエサと言えば、【太陽の息吹き】アマテラスが適任です。

アマテラスは、フィールド上でお互いに注目を集める効果を持っています。

 

【太陽の息吹き】アマテラス


「闇商人」から仕入れる事の出来る

Diamondクリ―チャー

 

毎ターン前衛を回復する力を持ち、覚醒することで味方をかなり強化する。

 

アマテラスを覚醒前に倒せるかどうかで勝敗が決まる事もあるでしょう。

しかし、アマテラスが覚醒するまでには長い時間がかかります。

 

アーチャーの使い手にとって、アマテラスの覚醒は重要ではありません。必要なのは、注目を集めるアマテラスを狙う敵の思考を利用し、華麗な反撃を決めることです。

 

こんな人におすすめしたいヒーロー


扱いやすさ:☆☆☆☆(最も難しい)

 

・圧倒的な知略により、一方的な試合展開にしたい

・相手の思考をコントロールしたい

 

アーチャーを使いこなす軍師は、人の心理についてよく知っているのでしょう。

ライバルアリーナVSは、人の心理を読み切ったものが勝利を手にします。

彼女を使いこなす軍師は、本当の意味でアリーナを極めているのかもしれません。

 

次回は「高潔な武士」についてご紹介しましょう。

 

【GM】CyRoならびに

ライバルアリーナVS運営チーム

記事一覧へ戻る

ライバルアリーナVS_好評配信中!!
Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

ライバルアリーナVS

同時ターン制  対陣バトル

基本プレイ無料(アイテム課金制)

◆Andoroid

動作環境:Android4.0以降 推奨環境:メモリ2.0GB以上

◆iOS

動作環境:iOS7.0以降 推奨環境:iPhone5以降の端末

タイトル

ジャンル

価 格

対応OS

ライバルアリーナVS_ストアアイコン
最強への道
ライバルアリーナVS_ストアアイコン
ライバルアリーナVS_好評配信中!!

タイトル

ジャンル

対応OS

 

価格

ライバルアリーナVS

同時ターン制  対陣バトル

基本プレイ無料(アイテム課金制)

◆Andoroid

動作環境:Android4.0以降

推奨環境:メモリ2.0GB以上

◆iOS

動作環境:iOS7.0以降

推奨環境:iPhone5以降の端末

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード