2周年コラム:ヒーローについて


ライバルアリーナVSをプレイして頂いておりますみなさま、こんにちは。

 

今回は2周年間近ということもあり、おさらいも含めキーワード「13ヒーローに13種の特徴がある」を元に、

我々が目標としているヒーローの特徴や方向性についてご紹介したいと思います。

※詳しい内容は過去の特集記事【ヒーロー紹介】をご覧ください。

 

目次


-Beginner- -Advanced- -Professional-
たまご騎士 パワーファイター アルカナ
ブレイバー アマゾネス サムライ
パラディン ヴァイキング ランサー
ウィザード アーチャー ダークナイト
プリースト    



【基本に忠実】たまご騎士


たまご騎士のキーワードは「基本に忠実」です。

基本的な突撃・相性・ガーディアン召喚・状態異常・回復など全てを駆使して闘うことが特徴です。

過去の記事「たまご騎士」

 

◆相性について

編成により様々な戦略ができます。

そのため戦術の幅を持たせることでどのような相手にもオーソドックスな立ち回りが可能です。

 

◆基本的戦術の方向性

今後も様々な効果を駆使して闘う方向性は変わりません。

 

目次へ移動


【勇敢なる闘志】ブレイバー


ブレイバーは当初「瞬間的な爆発力」というのキーワードでしたが戦果は著しくありませんでした。

そこで新時代でも戦えるように従来のキーワードに新たなるキーワードを追加しました。

新たなブレイバーのキーワードは「スロースタートな爆発力」です。

過去の記事「ブレイバー」

 

従来に加え、扱いは比較的簡単ですが真価を発揮するのは対戦中盤から。

それまでは耐えなければなりません。

中盤からは条件さえ揃えられればガーディアンや

「巨兵」のアビリティによる圧倒的な火力を叩きだすことが特徴です。

 

◆相性について

その火力ゆえに中盤から後半に真価を発揮する敵に対しても優位を取ることが可能です。

しかしながら「攻撃不可」の状態異常や「パラメータ上昇解除」に対しては中盤や後半だとしても

重い1撃が失われることにより苦戦することでしょう。

今後はスロースタートな分前半への対応が重要になります。

 

◆基本的戦術の方向性

戦いが長くなるほどその真価を発揮し、フィールドを制圧していくことが目標となります。

 

目次へ移動


【正義感溢れる騎士】パラディン


パラディンのキーワードは「堅実な守り」です。

彼は堅実に守りを固めて、「シールド」の能力を巧みに使いこなして闘います。

過去の記事「パラディン」

 

◆相性について

「突撃」や「強力な攻撃」を安定して受けることを得意とする反面、

シールドを安易に破壊できる「シールド破壊」、「毒」や「やけど」の状態異常、

「ダメージ」を与えるアビリティを苦手としています。

 

◆基本的戦術の方向性

「シールド」から新たな起点を作り堅実に守りを固め、攻めていく戦略が目標となります。

 

目次へ移動


【幻惑の魔女】ウィザード


ウィザードのキーワードは「状態異常ダメージ」です。

「魔術師」は追加でダメージを与えるものが多く、「毒」や「やけど」の状態異常を与えることも特徴です。

過去の記事「ウィザード」

 

◆相性について

「追加ダメージ」や「毒」の状態異常はシールドやHPの低い敵に対して有効です。

しかし「回復」や「状態異常無効」に対して対処できない可能性も出てきます。

 

◆基本的戦術の方向性

「毒」や「やけど」の状態異常を駆使し、追加ダメージで的確に敵を倒していくことが目標になります。

 

目次へ移動


【慈悲深き神官】プリースト


プリーストのキーワードは「癒しの力」です。

彼女は大きなダメージを与えていくことをあまり得意としません。

「回復」や時には状態異常を駆使し、味方のエースユニットを

いかに長くフィールドに留まらせることができるかどうかは、

戦術において非常に重要なことです。

過去の記事「プリースト」

 

◆相性について

全ての状態異常に強く、敵のATKを下げることにより「回復」効果もあり継続的なダメージを与えることができます。

持久戦を得意としているため、押しに弱く短期で攻められると弱い傾向にあります。

 

◆基本的戦術の方向性

様々な状態異常を防ぎつつ「回復」を駆使して、味方を守りながら闘うことが目標になります。

 

目次へ移動


【強さの象徴】パワーファイター


パワーファイターのキーワードは「強さを追い求める」です。

ヒーロー紹介でも書かれていますが彼はDiamondのユニットに匹敵する能力を持っています。

相性が良い「戦神」同様、高い戦闘力から敵を圧倒していくことを得意としています。

過去の記事「パワーファイター」

 

◆相性について

力が集結した突撃が決まれば敵に大きな痛手を負わせることでしょう。

その代償に合計編成コストが他のヒーローより少なくクリーチャーのコストが重いので、編成する味方も限られます。

そのため「突撃」「貫通」「状態異常」「追加ダメージ」などで的確に狙われ、

味方のエースユニットを倒させると総崩れになる場合があります。

 

◆基本的戦術の方向性

突撃から新たな起点を作りフィールドを制圧していくことが目標になります。

 

目次へ移動


【男勝りな女戦士】アマゾネス


アマゾネスのキーワードは「突撃特化」です。

彼女の得意とする「突撃」で敵のエースユニットをいち早く落とし、戦場を掌握していくことです。

過去の記事「アマゾネス」

 

◆相性について

「エースユニット」を持つ敵には強みを発揮する反面、

「シールド」による防御や「突撃」が回避された時の影響度も大きくなります。

 

◆基本的戦術の方向性

ただの「突撃」ではなく「突撃を成功させる」ことで真価を発揮できるようにすることが目標になります。

 

目次へ移動


【海の支配者】ヴァイキング


ヴァイキングのキーワードは「打たれ強い」です。

敵からの小さな攻撃やダメージをあえて受け、突撃や敵からの大きな攻撃など的確に対処し、

「死霊」の特性でもある「離脱時」を駆使して闘います。

過去の記事「ヴァイキング」

 

◆相性について

「毒」や「やけど」の状態異常や「ダメージを与える効果」に対して強い反面、

「突撃」や「強力な攻撃」に弱い特徴があります。

 

◆基本的戦術の方向性

敵の攻撃をあえて受けて相性の良い「死霊」の特徴でもある「離脱時」に発動する効果で戦術の幅を広げることが目標になります。

主な効果として突撃や強力な攻撃に対しては「シールド」「ATK減少」などがあります。

 

目次へ移動


【知略の射手】アーチャー


アーチャーのキーワードは「誘導」です。

攻撃不可や行動不可により相手の選択肢を絞り、

相手をコントロールしこちらの思い通りに誘導していく戦略が特徴です。

過去の記事「アーチャー」

 

◆相性について

圧倒有利や不利は少なく四神の力もあり、ある程度の力量を持ち合わせています。

敵に「状態異常耐性」や「シールド」がいればこちらの思い通りにできず、思わぬ反撃を貰うこともあるでしょう。

 

◆基本的戦術の方向性

「移動不可」「攻撃不可」から起点を作る戦術が目標になります。

 

目次へ移動


【聖なる竜の申し子】アルカナ


アルカナのキーワードは「個の力」です。

ドラゴンは個の力に特化するがゆえに制限が多くそのパフォーマンスを生かすには相応の力が要ります。

過去の記事「アルカナ」

 

◆相性について

個の力が突出している分押しには強いがお互いのことは我関せず、それ故に打たれ弱いという面もあります。

 

◆基本的戦術の方向性

個の力を生かしつつ、「パラメータ解除効果」による恩恵や戦術が目標になります。

 

目次へ移動


【高潔な武士】サムライ


サムライのキーワードは「防御を捨てた超攻撃型」です。

防御とはすなわち「シールド」や「HP」のことでもあります。

敵の戦略を崩しつつ、力で圧倒していくことを得意として、防御が薄いため特に使用の難易度が高いのも特徴です。

過去の記事「サムライ」

 

◆相性について

陣形による戦術使用したヒーローに強く、「状態異常」や「ダメージを与える効果」、

防御を捨てたため1点突破の「突撃」などに弱い傾向があります。

 

◆基本的戦術の方向性

「吹き飛ばし」「シールド破壊」など陣形や戦略を崩していくことを重点として、

自らが活躍できる場を作っていくことが目標になります。

 

目次へ移動


【孤高の戦士】ランサー


ランサーのキーワードは「ハイリスク・ハイリターン」です。

コンセプト通りハイリスク・ハイリターンが特徴です。

現環境ではゲーム開始からランサーを配置する戦法が多くみられますが、

ゲーム中盤や後半に配置する戦法も徐々に増えてきています。

過去の記事「ランサー」

 

◆相性について

覚醒の「貫通」を得ることにより「シールド」以外に優位を得ることができます。

しかし「突撃」や専用編成により1撃で落とされる可能性があります。

「パラメータ上昇効果」を解除されるアルカナに対しては相性不利が目立ちます。

 

◆基本的戦術の方向性

ハイリスク・ハイリターンは従来通り、前半だけでなく中盤や後半にも活躍できることが目標になります。

 

目次へ移動


【暗黒騎士】ダークナイト


ダークナイトのキーワードは「追撃ダメージ」です。

彼はその性格からやや気難しく相性が良い「魔族」や「悪魔」もどこか気難しさが漂います。

クリーチャーたちのダメージは容赦なく敵や味方にも影響し、フィールドを制圧していきます。

その難易度から上級者向けのHP管理が求められます。

過去の記事「ダークナイト」

 

◆相性について

「追加ダメージ」「連鎖ダメージ」「全体ダメージ」を与えることにより、いち早く有利な場を展開できるが、

管理の難しさから思い通りにならず逆に反撃を受ける結果となる場合もあるでしょう。

 

◆基本的戦術の方向性

主に「追加ダメージ」「連鎖ダメージ」や敵味方問わず全体を対象にした戦略を起点に、

フィールド支配していくことが目標になります。

 

目次へ移動


 

ライバルアリーナVS運営チーム

特集記事一覧へ戻る

ライバルアリーナVS_好評配信中!!
Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

ライバルアリーナVS

同時ターン制  対陣バトル

基本プレイ無料(アイテム課金制)

◆Andoroid

動作環境:Android4.0以降 推奨環境:メモリ2.0GB以上

◆iOS

動作環境:iOS7.0以降 推奨環境:iPhone5以降の端末

タイトル

ジャンル

価 格

対応OS

ライバルアリーナVS_ストアアイコン
ライバルアリーナVS_ストアアイコン
ライバルアリーナVS_好評配信中!!

タイトル

ジャンル

対応OS

 

価格

ライバルアリーナVS

同時ターン制  対陣バトル

基本プレイ無料(アイテム課金制)

◆Andoroid

動作環境:Android4.0以降

推奨環境:メモリ2.0GB以上

◆iOS

動作環境:iOS7.0以降

推奨環境:iPhone5以降の端末

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード